株式売買で利益を得る方法はいくつか存在します。
一番スタンダードなやり方は、安く買って高く売るという方法です。

その差額に手数料を引いたものが利益になります。
それとは別に、お金を投資するだけでお金がもらえる方法があります。
それは配当です。株式の何パーセント分が株主に分配されます。

パーセント部分は会社によって変わりますが、配当が良いところもあればそれほど期待できないところもあります。
高い配当もらいたいと思うのならば高配当の会社を選べば良いのですが、本当に高配当のパーセンテージに飛びついた良いのでしょうか。
今回は高配当が本当に良いのがついて紹介します。

高配当は本当に良いのか

高配当は、非常に魅力的なものです。
何も苦労せずにお金を投資するだけで数パーセントの金額は早いのですから非常に良い良いですし、その株価が上がれば配当とは別に上がったぶんだけの利益も約定すれば利益を得ることができます。
正しい配当を受け取るためには、条件があることを確認しなければなりません。
資金を売らずにそのまま置いとけば
会社が上場廃止もしくは配当が無配にならなければ、毎年毎年
利益を得ることができるのです。

しかし高配当にも注意しなければならない点があります。
高配当だから必ずしも会社の経営が良いかというとそれは比例しません。
会社の経営が悪いからこそ資金を集めるために高配当を謳っているという会社も存在するのです。
もちろん上場している会社なのである程度信用ができる会社だと考えてよいですが、
しかしそのような会社があるということも覚えておかなければならないでしょう。

年に1回配当と、2回配当、3回配当も

会社によって配当は年1回配当と、2回配当、場合によっては3回配当もあります。
ですから配当目当てであったら、利回りがだけか配当の回数は何回か確認すると面白いでしょう。
配当が高く安全で回数が多い株を探すようにすれば株の知識がそれほどなくてもある程度の利益を得ることも可能になります。
興味があるけれどやはり心配だという方は配当に関する書籍は多数存在しますし、証券会社に直接相談すると良いでしょう。

知識を得ればバランスよく投資することができる。

配当をもらうことがメインであっても、 知識があれば配当だけではなくもっと良いバランスの取れた会社を選択をすることができます。
四季報などには会社データが掲載されていますので将来性がある会社をある程度、想定することができます。
完璧ではありませんが知識を得ることによってさらに利益が得られる可能性の高い投資をすることができる
ので興味があったら勉強すると良いのではないでしょうか。